DSD Live Streaming その2 〜J-WAVE RADIO SAKAMOTO なのに(だから)4K+DSD

(左下のYouTubeの設定を変えると、4K2160p)でも見ることができます!)

一般的にインターネットは音が悪い?なんていうイメージをお持ちの方は少なくないようです。

しかし、デジタルとインターネットの世界では思いつくすべてのことが可能なのです。自分たちが思っているよりも早い速度で、世の中は変化していきます。

 

初のDSD RADIO (仮称)は7月7日にサイデラ・マスタリングから全世界へ向けて『KORG Presents ETHNIC MINORITY@SDM Live 2015』を予定してますが、J-WAVEの番組にその先を越されてしまいました。

 

 

初のDSD RADIO (仮称)MCが、國崎 晋(Sound & Recording Magazine)さんの声から始まるというところは保てました。

やる気のある番組担当者が、楽しく仕事をするとこうなる。(←オノの印象です)前回の番組のコーナーで、國崎さんをゲストに迎えて、オノがはじめてコーナーのMCを担当しました。ひどくマニアックな内容だったのですが、なぜか好評だったようです。

 

で、YouTubeに(ラジオなのに画像付きで)オンデマンドされてしまいました。そこから、まさかの2回目を・・・というお話をいただき「音質についてマニアックに語るなら(あくまで公開実証実験ですが)DSDでサイマルやりませんか?」と相談したところから急遽、7月5日のオンエアーに合わせて(DSDファイルをマニュアルスタートで)〜J-WAVE RADIO SAKAMOTO なのに(だから)4K+DSD を流すことになりました。しかも、今回のYouTubeは4K画像なのです。

 

(1)ふつうにFM電波による人気番組の「J-WAVE RADIO SAKAMOTO」81.3FM

(2)パソコンあればどなたでも観れるYouTubeの4K ※1

(3)そして「音質が重要なコンテンツ」には、DSDストリーミングです。 ※2

※1 今回は、4Kでそのままアップしていますが、見る方の回線環境によって自動的にHDにダウンコンバートされます左下のYouTubeの設定を変えると、4K2160p)でも見ることができます。撮影ディレクター:中村さんより

※2(3)は、対応のDSD DAコンバーターをお持ちの方に限られるので(現状は数百人の)こだわりのリスナーのためです。DSD Live Streamingの視聴方法はこちらを参照ください。http://dsd.st/ja/

 

(1)(2)(3)を切り替えながら音質チェックもしていただけます。本来おもしろいコンテンツとは、やってる側が楽しくないと、決してリスナーが感動したりしません。あたりまえの話ですが、スペックやハイレゾという言葉だけに惑わされてはいけませんね。

 

PROSOUND_8月号(7/18発売)にはリポート記事も書きます。

 

「中村映像研究室」からの情報によりますと、今回は、4Kでそのままアップしていますが、見る方の回線環境によって自動的にHDにダウンコンバートされます。左下のYouTubeの設定を変えると、4K(2160p)でも見ることができます。

 

f:id:hynm_ono:20150630174437j:plain

 

DSD Streaming のとても判りやすいセッティング方法は、こちら!

 

av.watch.impress.co.jp

 

p.s. ラジオなので?ヒゲは3日間そってない、月曜日納品、月内納品の仕事が重なって日の収録で2時間しか眠ってないひどい顔ですいません。